柔術Lifelog

「柔術ときどき仕事」ぐらいの割合の【柔術多め】ブログです。

世羅智茂|QUINTET出場選手を調べてみた

f:id:mw1919jp:20180628144622j:plain

参照:http://mmaplanet.jp

QUINTET.2に向けて、気になる出場選手(主に柔術家)の情報を調べて纏めていくシリーズ。

第2弾は「世羅智茂」選手です。前回記事に書いた「エディ・ブラボー」同様、世羅選手もQUINTET.2には出場しません!

世羅選手は前回大会の「QUINTET Fight Night Tokyo」にCARPE DIEMメンバーとして決勝戦の大将を努め、見事チームを優勝に導いた選手になります。

CARPE DIEMではヨーロッパ選手権黒帯ライト級 3位 2位(2017)の成績を残し、前大会でもホベルト・サトシ・ソウザとドローの結果を残した「岩崎正寛」選手が有名ですが、今回は極めの力が強いとされている世羅選手にフォーカスを当ててみたいと思います。

↑下記ツイートを確認後、秒速で修正。ふー。どうか、本人がこの記事を見ていませんように。。。


【関連記事】:柔術家も強いんです。QUINTET Fight Night Tokyoを振り返る

実はMMAの試合にも出場していた!!!驚

小・中・高と部活動で柔道をやっていたようですが、高校生のときに観た総合格闘技(HERO'SかPRIDEとのこと)で初めてブラジリアン柔術というもの知り、2008年(当時大学1年生)に柔術を始めたそうです。

そして、大学ではアマチュアパンクラスなどでMMAの試合に出場したこともあるとのこと。

MMAの試合にも出ていたんですね。知りませんでした。

ということで、当時の試合映像がないか調べてみました。

www.youtube.com

…。


……。


………。


…マット世羅???




画質が悪く、顔が鮮明に映ってはいないのですが、GROUND CORE代表のブログにも世羅選手のことを 世羅"マット"智茂選手 と紹介しているので、おそらく世羅選手本人で間違いないでしょう。

私が世羅選手を知ったのは、2017年12月に行われたrizinのオープングリップトーナメントでした。その時はすでにGROUND COREからCARPE DIEMへ移籍しており、私の中では柔術家のイメージが非常に強かったので、今回調べていく中でMMAの経験があるということを知り少し驚きました。

リングネームは元UFC世界ウェルター級王者のマット・セラ(Matt Serra)から着想を得ているのか?いつか真相を確かめたいと思います。

極めにこだわる柔術家

youtu.be

上の動画は2017年11月にミューズ音楽院ホールで行われた Las Estrellas de JIu Jistu 2017の試合映像です。


25m19s~
●稲野岳(トライフォース五反田)vs ○世羅智茂(CARPE DIEM)
[試合時間] 2m20s / [フィニッシュ] 腕十字 

28m16s~
●佐野貴文(SUPREME BJJ)vs ○世羅智茂(CARPE DIEM)
[試合時間] 1m12s / [フィニッシュ] 三角締め 


1試合目では粘る相手にきっちり十字を極めて一本、続く2戦目でも上からプレッシャーをかけてくる相手にうまく対応しながら三角締めで一本!

「普通の柔術家よりは極めを意識するスタイル」という言葉を体現した試合でした。

余談ですがこの大会、アダルトエリートオープンで1位~3位までをCARPE DIEMが独占するんですね。世羅選手、リダ・ハイサム選手、デヴィット・ガルモ選手。。。





こんなトーナメント絶対出たくないwww





私の実力的にこのクラスにはエントリーすることは絶対にないので、いらない心配ですが。このメンバーとバチバチやることを考えただけで寒気がします…

そして、インタビュアーは内山裕規選手ですね。内山選手もまた、世羅選手と同じように他の道場(たしかパラエストラだったかな)からCARPE DIEMへ移籍してきた一人です。

強い選手が集まってきますね、CARPE DIEM。

柔術だけではなく、グラップリングも強い




初めて世羅選手を知ったのが、rizinのオープングリップトーナメントでした。

本大会、会社の上司のジム仲間である 石橋佳大選手が出場するということで事前にトーナメント表を確認していると、"世羅智茂"という名前を見つけて「メッチャ強そうな名前の選手がいるっ!!」と思ったのが世羅選手を知るきっかけでした。

結果、この大会は世羅選手がオール一本勝ちで優勝をかっさらい、私が応援していた石橋選手は決勝で敗れてしまうのですが、その当時からその名前のインパクトに加え「やたらと極めの強い選手」というのが私の中の印象です。

ほかにも、2017年10月に行われた今成正和選手ともグラップリングで対戦しています。煽り映像では世羅選手の【極め】に対する熱い思いが語られているので、要チェック↓↓↓

▼TTF CHALLENGE 07 煽り映像第二弾 今成正和 VS 世羅智茂
www.youtube.com

▼試合内容、試合後のバックステージの様子はこちら(16:45から)↓↓↓
www.youtube.com


完全腕十字特化型教則が発売中!

そんな世羅選手の「完全腕十字特化型教則」がDVDとなって販売されているようです。

私はCARPE DIEM会員ではない(むしろ違う道場に所属している)ですが、今回がっつり世羅選手を調べていく中で、極めに対する思いや柔術に対する思いに感銘を受けたので、近いうちに購入してみたいと思います。その時は簡単なレビュー記事でも書こうかな。

bjjchannelshopではSOLD OUTとなっていたので、CARPE DIEM ONLINEのURLを載せておきます↓↓↓
carpediem.theshop.jp

この記事を書いた人

わたなべまさと
IT屋×柔術家×2児の父。自身の仕事論と柔術を中心とした格闘技ネタ、たまに子育てについてブログを執筆。
>> 詳しいプロフィールはこちら